ご予約はお電話で… 028-666-7944

HOME > STAFF紹介

nakazato.jpg

中里 愛

オーナー

 私もお客様と同様、本当に犬を愛おしく思う愛犬家のひとりです。シャンプーをしてピカピカになり、カットをしてかわいくなるトリミングはどのご家庭でもひとつのイベントかと思います。お客様に喜んでもらえること、、、そして、きれいになった犬たちが家に戻り、いつも以上に家族の目を集め、沢山なででもらい抱きしめてもらえることを想像するのが私の楽しみです。sweet dog'sにとっての理想は、犬の立場に立ったトリミングです。生涯ケアしていかなければならない、皮膚・被毛の手入れが辛いこととならないように、1頭1頭の個性を理解して、負担を軽減するトリミングを最優先にしております。
 その犬の事を一番理解しているのは、家族であるお客様です。ご要望や不安に思うこと、そのコの好きなこと・嫌いなこと・日常のお話など、どんなことでも教えて頂けるとありがたいです。私たちは数時間、1頭の犬と向き合います。生涯にわたれば、かなりの時間を一緒に過ごすことになります。その犬の事をたくさん理解してあげたい!そして、信頼関係を築いていけたらとっても嬉しいです!
 オーナーとして、日々出会う犬達を大切に思い、その思いをちゃんと犬に伝えられるトリミングを徹底し、本当に犬を大切にするトリマーを育てていきたい。そして、不幸な犬を作り出さない社会を目指し、動物愛護の活動を、次の世代へと繋げていくことが私の目標です!お客様にも愛おしい犬達にも、喜んでご来店頂けるように、スタッフ一同努めてまいります!


odagawa.jpg

小田川 友子

トリマー

 初めての室内犬にチワワを迎えることになってから、トリマーという職業に興味を持ち、勉強を始めました。そして、犬をかわいく美しく見せるためだけでなく、健康を保つためにグルーミングがあることを知りました。トリマーならではの技術や視点で、犬を清潔に健康に保ち、生涯オーナー様ご家族と幸せに過ごせることを考えるトリマーでいたいと思っています。
 犬は、皮膚にトラブルがあっても、伝えることができません。不安なことなどございましたら、お気軽にご相談くださいね(^^)健康第一!!


miyazaki.jpg

宮崎 楓

トリマー

 トリミングの学校では、3年間、無遅刻無欠席で皆勤賞でした(^-^)!体力には自信があります!動く犬をカットすることは、とても難しいこともありますが、怪我をさせないように集中して、冷静にケアをさせていただきます。
 大好きな犬達が、体調を崩してしまわないか、怪我をさせてしまわないか、常に気を配り、その犬が嫌がらないような保定の仕方、カットの仕方を模索しながら、負担のないトリミングに努めています。
 トリミングも、お客様にご満足いただけるような応対にも課題が沢山ありますが、一生懸命勉強していきますので、よろしくお願いいたします!


takanami.jpg

高波 萌子

トリマー

 大好きな犬を大切にする、このsweet dog'sの一員として、トリミングだけでなく、グルーミングのすべてで、犬達が安心してくれるように努めています!向き合う犬達の性格や特徴を十分に理解できるように、コミュニケーションを深めながら、ケアをさせていただいています。
 まだまだ未熟なトリマーですが、大切な家族をお任せくださるお客様に、喜んでいただけるカットができるように、信頼して頂けるように、日々向上していけるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします!(^^)!


staff05.jpg

マナ

看板犬

生年月日:2006年9月21日生まれ
性  別:オス
特  技:ケンネルがあればいつでも・どこでも眠れること

強いワンコには弱く、弱いワンコにはいじわるしちゃう、ちょいワルおやじです。腰椎ヘルニアの持病があり、現在はショークリップを引退して、日常のケアが負担にならないスタイルにしています。
トリミングモデルとして仔犬の頃から躾けてきたので、トリミングマナーはバッチリだったのですが、持病が悪化してから神経質になって、トリミング中警戒したり怒ったりすることが増えてきました。言葉を持たない犬にとっては、それが意思表示。持病を抱える犬の辛さを、私たちに学ばせてくれています。


staff04.jpg

ダイヤモンド

看板犬

生年月日:2012年12月3日保護(保護時・推定1歳前後)
性  別:オス
特  技:歯を出して笑うこと

人も犬も大好きでお客様が見えると、ハイテンションで大騒ぎしてしまいます((+_+))
最初は、トリミングが大嫌いなワンコでしたが、嫌なことは無理にせず、少しずつ慣れてもらえるように、完璧を求めないトリミングを重ねました。今では、シャンプーもブローもカットも余裕の表情でいてくれます。
犬は苦手なことを無理強いすると、もっと嫌になってしまう。好きなことじゃなくても優しく慣れさせることを重ね、お利口にできたら思いっきり褒めてあげると、楽しいことと学んでくれます。ダイアが私たちに身をもって教えてくれました。